子育て

【抱っこしない寝かしつけ】ネントレに必要なのは「諦め」ではなく、親からの「安心感」でした

投稿日:2020年6月17日 更新日:

生まれてすぐの赤ちゃんは昼夜の区別もついていません。


そしてうまく眠れなくてぐずってしまう「寝ぐずり」という言葉があるくらいに、眠るのがとても下手です。


そんな中一定の月齢に来ると言われ始めるのが「ネントレ」についてです。


ニコ
ニコ

うちは上の子は全然一人ねんねができない子で心折れかけたなぁ。
下の子は真逆で寝かしつけ自体したことないくらい勝手に寝てくれる子で本当に様々だと痛感したよ。


そこで今回は、親にとっても子どもにとってもストレスの少ないネントレのご紹介と、本当に必要なものは何かのお話をしていきます。



そもそもネントレって必要なの?

ネントレをするのは「子どもが自力で眠れるようになるため」ですよね。


そのきっかけは何かと考えると、


  • 寝かしつけの負担軽減
  • 夜泣き対策



等だと思いますが、総じて親の負担が大きいからだと思います。


夜中に何度も起きるようであれば、親自身の睡眠時間も削られるし、それが続けば健康問題だけでなく、生活全体の質が低下してしまいます。


そこでいざネントレを始めても、よく聞く「泣かせっぱなしのネントレ」では、こんなストレスを感じるようになります。



『泣かせっぱなしのネントレ』で親の心に負担

ファーバー法、またはCry it outと呼ばれる方法です。


この方法は子どもが泣こうが騒ごうが徹底的に放っておいて、泣き疲れてまたは諦めて自分で寝るのを待つという方法です。


日本では集合住宅も多く、子どもの泣き声に関しては特に気を使う音の一つとも言えます。


また、泣きっぱなしにすることでの愛着形成が上手くできなくなってしまうのではないかと言う思いから、抵抗を覚える人はいるはずです。


実際にやってみたママさんたちの声からも


  • 泣き声をずっと聞いてなきゃいけないなんて耐えられない
  • このままサイレントベビーになったら・・・と不安になった
  • 罪悪感が凄い



などという声が多く、正直私は「これをやってよかった」というリアルな声は聴いたことが無いです。


そしてTwitterで仲良くしてくれてるママ友さんからこんな情報頂きました。



ニコ
ニコ

なるほど・・・。20年ほど前に提唱されたものなので、変わってきてもおかしくはないよね。
でもずっとこのやり方に悩まされるママやパパって多いんだろうな・・・。


そしてこんな本もご紹介いただきました!




傍で見守るネントレ【フェーデング】で必要なのは距離感

ネントレを始めるまでは抱っこや授乳での寝かしつけをされていた子どもが、ある日突然放置され、泣いて呼んでも誰も来てくれなくなったら、不安は強くなる一方でしょう。


そこで今、だんだん注目されてきているのが【フェーディング】というやり方です。


フェーディングとは?

この方法は子ども泣かせっぱなしにして放っておくわけではなく適度に相手はしつつも、寝付くまですっと抱っこしたり授乳で寝かせる事もしないので、親としても心と体の負担・ストレスは少なくて済みます。


ぐずっている時は傍にいて安心させ、落ち着いたら部屋を出て離れる。
これを繰り返し、だんだんフェードアウトしていくという方法です。


フェーディングの進め方

基本的な生活リズムを整える事が前提になります。


まず、授乳やおむつ替え、絵本の読み聞かせやマッサージなどのルーティンで寝る準備を済ませ、ベッドに寝かせます。


そこからは抱っこしたりせず、でも近くで見守り「ここにいるから大丈夫よ」と安心させてあげる事で、自力で眠れるようになるというものです。


始めた直後はそれでも抱っこして欲しいと泣いてしまう事があると思いますが、そこをグッと堪えて、トントンしたりお腹を撫でてあげたり、手を繋ぐなどしてまずは安心させてあげること。


添い寝は手っ取り早く近くに寄り添って安心感を感じてもらえるのでおすすめです。


大人のベッドとベビーベッドをくっつけて近くで横になる方法もいいでしょう。(我が家の上の子が一人で眠れるようになったのはこの方法です。)


落ち着いたらドアは閉めずに部屋を出て、ぐずったらまた部屋に戻りトントン、これを繰り返していきましょう。


そして少しずつ部屋を出る時間を伸ばしていきましょう。
後戻りして時間が短くなっても構いません。でも続けましょう。



一日や短期間で出来るようになるものではないので、まずは続けていくことを第一の目標にすると良いでしょう。


そしてこのネントレの良いところは、最初からベッドに寝ている状態からのスタートなので、背中スイッチの発動がありません!!


この背中スイッチからの解放も負担軽減の大きな一歩だと思います。



まとめ:ネントレに必要なのは『親からの安心感』

一人で眠れるようになるには、一人で放っておく。
今までこれが主流だったかもしれません。


でも親の心の負担が大きすぎると思います。


  • こんなに泣いているのに放っておくなんて・・・
  • このままきちんと愛着形成が出来なかったらどうしよう・・・
  • ご近所に虐待と思われていないだろうか・・・

そんな不安と向き合いながら、ママやパパは日々頑張っています。


だからこそ、少しでも気持ちの面から楽になる方法を伝えたいです。


そして抱っこせずとも、他の方法で安心感を与えてあげられれば、子どもは安心して一人で眠れるようになるよと伝えたいです。


(言い方は乱暴かもしれませんが)突き放したネントレより、子どもと一緒に頑張る寄り添ったネントレがこれからの主流になって欲しい。


ネントレで必要なのは子どもの諦めや親が突き放す忍耐力ではなく、いつでも傍にいるから安心して眠ってねという信頼なのかもしれませんね。


それではまた☆

-子育て
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【落としそうで怖いなら下ろせばいい!!】首すわり前の赤ちゃんのお風呂はこう入れると楽チン☆

妊娠して、妊婦健診が進んでいくと両親学級などで赤ちゃんのお世話の仕方を教えてまラうようになりますね。 おむつの替え方や、ミルクの作り方、保湿や耳やつめの手入れの仕方・・・色々ありますよね。 その中でも …

【子どもの歯ぎしりはよくない?】理由と受診の目安はコレ!

子どもが寝ている間に歯ぎしりをしている。 ギリギリギリ・・・と音も気になりますが、一番気になるのは「歯や顎に悪い影響はないのか?」ということと、「もしかしてストレス溜まってる?」ということではないでし …

【こんなに違うの?】赤ちゃんの睡眠事情を姉妹で比べてみた

生後3ヶ月迎える頃から、徐々に赤ちゃんは睡眠のリズムがつき、まとまった睡眠をとるようになると言われています。 しかし、育児書やネットで見た情報で、「もうじきまとまって寝てくれるようになるんだ!」と思っ …

【イヤイヤを乗り越えよう!】子どもが歯磨きを嫌がる理由って?

 赤ちゃんの歯って、生え始めた頃は本当に可愛いですよね。前歯が2本しかない顔でニコッとされると、つられてこちらもにっこり…♡ でも歯が生えてきたって事は、同時に虫歯リスクも始まったということ …

【くっついてる?】生えてきた乳歯が癒合歯だった!?永久歯への影響はあるの?

生後6ヵ月頃から、赤ちゃんの歯は下の歯から生えてきます。 この小さな歯がまた可愛いんですよねー♡ ニコあら、小さな歯が生えてきたねー♡・・・ってくっついてる!? そこで今回は、癒合歯(ゆごうし)って何 …